事例

認証取得事例


ISO27001認証取得事例
製造業 合成樹脂加工及び、それに付随する製品の受注生産
従業員数:75名、取得活動期間:平成18年1月~平成18年10月(10ヶ月)
●取得の動機
1.顧客からの要請への対応
2.セキュリティの確保による機密情報の保護
3.物づくりの高度化

●取得の推進
1.情報セキュリティ委員会を設置。推進のトップは取締役工場長
2.認証取得範囲の課長クラスで委員会を運営しシステム構築

●取得の効果
1. 客先から信頼を確保、競合関係にある顧客を獲得できる体制ができた
2. ISO9001に次いで情報セキュリティマネジメントシステムが構築できた
3. 3S活動、ISO9001と複合的に運営しシステム高度化が出来た


ISO27001認証取得事例
ソフトウェア・システムのIT設計・開発・運用業務、ITコンサルティング業務
従業員数:50名、取得活動期間:平成18年6月~平成19年1月(8ヶ月)
●取得の動機
1.会社設立3年で組織が急激に拡大したので管理体制を整備したい
2.顧客からの要請への対応、セキュリティの確保による信用確保
3.内部コミュニケーションによる社内ベクトルの調整、人材育成

●取得の推進
1.情報セキュリティ委員会を設置。推進のトップは社長、副社長
2.認証取得範囲の課長クラスで委員会を運営しシステム構築

●取得の効果
1. 規格の要求事項にあわせ効率的なマネジメントシステムが構築できた
2. 既存の客先から信頼を確保、新規顧客を獲得への足がかりができた
3. 情報セキュリティ委員会による内部コミュニケーションの増進



ISO27001認証取得事例
インターネットデータセンター・Webシステム開発・ホームページ制作業務
従業員数:35名、取得活動期間:平成17年7月~平成18年1月(7ヶ月)
●取得の動機
1.顧客からの要請への対応
2.セキュリティの確保による信用確保
3.組織の拡大に伴う管理体制を整備したい

●取得の推進
1.情報セキュリティ委員会を設置。推進のトップは社長
2.認証取得範囲の課長クラスで委員会を運営しシステム構築

●取得の効果
1. 情報資産のたな卸し、リスクアセスメントによる情報管理体制ができた
2. マネジメントシステムをベースに新たな事業所の建設、事業拡大
3. 情報セキュリティ委員会による文書・記録類の整備状況がよくなった



運用改善事例


統合マネジメントシステム構築事例
製造業 合成樹脂加工及び、それに付随する製品の受注生産
従業員数:75名、改善活動期間:平成20年3月~平成20年7月(5ヶ月)
●運用改善の動機
1. ISO9001とISO27001との統合マネジメントシステムの構築
2.運用コスト、審査コストの削減
3.経営に役立つ当社独自のマネジメントシステムの構築
4.経営幹部の退職に伴う後任の人材育成、ノウハウの承継

●改善の推進
1.統合マネジメントシステム委員会を設置。推進のトップは専務取締役
2.各工場の課長クラスで委員会を構成し役割分担しなからシステム構築

●改善の効果
1. 統合マニュアル、規定、手順書、様式集と一本化され合理的になった
2. 統合マネジメントシステムによる運用コスト、審査コストの削減
3. プロセスで行うべき各規格要求事項を重複することなく一体なものとして
運用可能に単純化された
4. 後任者の人材育成・ノウハウの承継を達成できた



統合マネジメントシステム構築事例
広告業 展示会等の企画から設計・デザイン・演出・運営・施工
従業員数:10名、改善活動期間:平成20年10月~平成21年7月(10ヶ月)
●運用改善の動機
1. ISO27001とISO14001との統合マネジメントシステムの構築
2.運用コスト、審査コストの削減
3.経営多角化のための標準化

●改善の推進
1.統合マネジメントシステム委員会を設置。推進のトップは取締役
2.取締役とタテックスで役割分担しなからシステム構築

●改善の効果
1. 統合マニュアル、規定、手順書、様式集と一本化され重複を無しとした
2. 統合マネジメントシステムによる運用コスト、審査コストの削減
3. 小規模企業ならではのシンプル運用可能な体系に単純化された
4. 関連会社のM&Aなどにより経営多角化を進める際の業務標準化の基礎となった

  • 最終更新:2009-09-14 01:01:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード