A.13 通信のセキュリティ


A.13 通信のセキュリティ

  • A.13.1 ネットワークセキュリティ管理
    • A.13.1.1 ネットワーク管理策
    • A.13.1.2 ネットワークサービスのセキュリティ
    • A.13.1.3 ネットワークの分離
  • A.13.2 情報の転送
    • A.13.2.1 情報転送の方針及び手順
    • A.13.2.2 情報転送に関する合意
    • A.13.2.3 電子的メッセージ通信
    • A.13.2.4 秘密保持契約又は守秘義務契約


解説

通信のセキュリティは、ネットワークにおける情報の保護、及びネットワークを支える情報処理施設の保護を確実にするために行う。

シンクライアントとは

  • 【広義のシンクライアント】: シンクライアント (Thin client) とは、ユーザーが使うクライアント端末に必要最小限の処理をさせ、ほとんどの処理をサーバ側に集中させたシステムアーキテクチャ全般のことを言う。
  • 【狭義のシンクライアント】:または、そのようなシステムアーキテクチャで使われるように機能を絞り込んだ専用のクライアント端末のことを言う場合もある。狭義のシンクライアントにおいて、クライアント側に Windows、UNIX、Android などの一般的なGUI OSを使わないケースをゼロクライアント (Zero client) と呼ぶこともある。

シンクライアントの「シン (thin)」とは、すなわち「薄い、少ない」という意味で、クライアント端末がサーバに接続するための最小限のネットワーク機能、およびユーザーが入出力を行うためのGUIを装備していれば良いことを示している。

シンクライアントとは逆の意味を持つ用語としては、「ファット (FAT) クライアント」または「シック (Thick) クライアント」がある。
本来の英語の「thin」の反対語は「thick」であるが、日本ではシンクライアントの反対語としては「ファットクライアント」の用語が用いられることが圧倒的に多い。


情報セキュリティマネジメントシステム コンサルティング

2013年版での新規認証取得支援のコンサルティング、システム運用保守支援、改善支援、内部監査代行サービスなどを行っております。

御見積りは信頼と実績のタテックスまでお問合せください。

   お問合せは、ここをクリック→お問合せ

~
~
~
~

  • 最終更新:2017-05-15 06:24:48

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード